面腰という仕口

桜 扉

建具には面腰と馬乗りという2種類の面技法があります。
手仕事でつくるには、それなりに経験が必要。

うちでは、馬乗りという仕口を使って機会加工がおもだけど、

付ける面の種類や大きさによっては手加工で面腰にして作ります。

框と桟の面をつける個所を留めにして継ぐ方法です。

桜 扉

 

 

 

 

 

左写真:框 右写真:横桟 組んだとき留めになるように45度に加工。

オーダーメイド 建具 洋風扉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面腰加工ができれば次に面を付けます。仮組みして隙間は無いか、綺麗に留めになるか

確認します。この建具は几帳面です。

ブラックチェリー 扉 オーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

几帳面を付けたところ。

ブラックチェリー 特注 家具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面腰仕口で硝子戸とパネル戸完成。ぴったり面があって綺麗にできました。

材:ブラックチェリー

 

SNSでもご購読できます。