木製ガラリ戸の制作

20130514_1188338

ガラリ戸は鎧戸(ヨロイド)ともルーバー扉とも言われ、一定の傾斜を持った横板からなる建具です。

ルーバー

正面から見ると建具の目隠しの作用があり通風・換気を目的とした場所に使われます。
普通の建具と違って、制作段階が異なり、傾斜つけたホゾ穴を掘るのに一苦労。
傾斜しているホゾ穴は、掘るのが難しく正確な墨出しが求められます。
仕上がりは、洋風な感じがしますが、どの部屋にも合うデザインです。

木製

SNSでもご購読できます。