Get Social With Us
家具の話 | FURUSU-古巣家具
122
archive,category,category-kagustory,category-122,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,vertical_menu_transparency,vertical_menu_transparency_on,select-theme-ver-3.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

門扉

今年の夏は、何か変。 お盆を含め8月半ばずーーーと雨。 その雨が原因で、門扉が壊れしまった家から注文がりました。 これまで、どうにか保っていたが今回の雨がトドメになったようでした。 古民家だったので、白木のクリアー仕上げでは外見が浮くと思い、 外部用塗料で古色塗りました。 今回、困ったことは、既存の丁番がすでに廃盤になっていて交換できない。 そこで、旗丁番で代用することに。 門に埋め込んである軸は既存で受けの稼働する受けの部分を旗丁番に。 実際どうなるか不安でしたが、思った以上にスムーズに開閉してくれました。 もしも、ダメだったら考えると身震いするほどしんどい工事がまったました。よかった。 ...

Read More

キッチンカウンター

キッチンをリニューアルするのと同時に、 作り付けのカウンターも新しくしたいと注文がありました。 サイズ、形は一緒で、既存の物と同じで、素材を無垢材にして収納を 引戸から引出しに変えたいとの事でした。 素材はタモで、素地のままで木目を活かした仕上がりにするのかなと思ってましたが、 おもいきってグレーに着色したいとのことでした。 既存の家具は白色。 今回、予定外だったのが色がうまく載らない事。 オイル吹きでは、一度塗装してふき取るのですが、そうすると色合いがどうしても薄くなってしまいます。 できるだけ濃くとの希望だったのでふき取るのではなく、刷毛で薄く薄くを繰り返して徐々に濃くしていきました。 やはり、着色は難しい。でもイメージ通りだったようで、お客さんには大変気に入ってくれました。 ...

Read More

畳ベット

桧と杉板の国産材の、ベット。 畳は国産イ草を使ったオーダーサイズです。 依頼内容はとにかく、丈夫なベットを作ってほしいとんことでした。 それと、リビング片隅に置くもので、限られたスペースにすっぽり入るサイズにしました。 シングルベットは4本脚ですが、5本脚にして補強材も通常の倍ほど入れて、丈夫なものにしました。 とってもシンプルなベットになりました。 お客さんは、桧とイ草の匂いに喜んでいました。 ご注文ありがとうございました。...

Read More

下駄箱と引違戸

以前からお世話になっている方から下駄箱と引違戸の注文です。 玄関の印象をもっと明るくしたいと依頼を受けました。 これまではの下駄箱と建具は、どちらかというと暗いイメージ。 そこで、明るめの木を使った下駄箱と透明ガラスを使った建具を作ることに決定。 材はいずれもタモで、引戸の組子に一部ウォールナットを使いたいとご主人から提案がありました。 下駄箱は品のある和風な感じをだすため舞良戸にしました。 木桶のスリッパケースをずっと使われていて、お邪魔するたびに気になっていました。 新しくする際に下駄箱の中に隠し扉にしてスリッパを収納できるように工夫しました。 玄関入ってすぐの引違戸は透明にすることで、空間が広く感じます。 ウォールナットの色もタモ材とマッチしていい感じです。 納品後、とっても喜んでくれました。 いつも注文していただきありがとうざいます。...

Read More

オーダーメイド家具一式

新築の方から、家具一式のオーダーを頂きました。 ローボードと、TV台と、テーブルを部屋に合うように作ってほしいとのことでした。 畳を置く和室コーナーの1面に大きなローボードを、 それに接して、棚兼用の文机を作りました。 こいう家具は、コーナーがデットスペースになってしまいます。 そこで、文机にも活用したいとリクエストがあったので、文房具などが置ける引き出しを付けました。 机には間接照明をくみこんでいます。 TV台はできるだけスリムにして、部屋を広く使えるように工夫しました。 まだTVサイズが決まっていなかったので、少し大きめの50インチをおいても支障が高さに設置しました。 中はこんな感じ。開け閉めが楽な金物を使ってます。 ダイニングテーブルは、タモの一枚板で、足元を広くとれるように 幕板を付けないタイプにしました。 久々の家具オーダー一式の仕事でした。 ご注文ありがとうございました。...

Read More

立礼式家具

椅子に座って茶の湯をたしなむスタイルの立礼式、 その茶会で使われる家具の注文をだいぶ前か頂いていました。 この話をもらった時は、うれしいよりも不安でした。 茶道をろくに知らない私につくれるだろうか? でも、型にはまった物でなく新しいスタイルの家具にしてほしいという要望で、 それならばと引き受けました。 納期は特にもうけないで、満足できるデザインができるまで何度も お客さんと打ち合わせしあました。 要望は茶を点てる立礼卓とお客さんが使う机と腰掛で 1、真黒な家具が支流、それを変えたい。 2、日本の木を使った、木材の質感を楽しめるもの。 3、一回に10人、それだけの人数が入れっても大丈夫なサイズに。 ということでした。 まず、材料探し。 当社在庫の中から使う予定だったけど、理想な形のものがない。 色々探してようやく福岡の材木屋にあった山桜に決定しました。 皮がついて、板目が力強い木目で理想通りです。 机と腰掛は、白い木の栓を使って作ることに。 次に製材。 机と腰掛も、板をはがないで一枚板を使います。そこで、 おおきな幅は製材所に行って切ってもらいました。 ちなみに、この製材所は今年に3月に閉鎖することにりました。 技術がすばらしき、これまで無理難題を応えてくれました。そんな場所がなくなることは本当に寂しいです。 材が揃えば制作開始。 反り返った天板を鉋で平らにしていきます。桜は堅い。 意匠になるよう木の皮の部分を残して使います。 皮は年数が経てば、はがれてしまうので、接着剤で貼り付けます。 このゴツゴツ感がいい感じ。 完成して、納品です。お客さんとその家族、お茶の先生も立ち会ってくれました。 腰掛にはお客さんの要望で、千鳥の透かしぼりが入ってます。 部屋に家具を並べて配置。皆さんに見てもらました。 「期待以上のでき」「お披露目の日が楽しみ」と喜んでくれました。その言葉聞いてほっとしました。 1年前に注文を頂いて、随分とお待たせしました。 この仕事で、色々な学びがありました。注文していただき有難うございました。...

Read More

花梨のテーブル

大きな花梨の樹を使ってテーブルの制作。 材木の長さは5mもあって、半分は天板にもう半分は脚と幕板に使います。 切る前の花梨がこれ、厚み自体は薄目だけど、重たい。 これを半分に切るときはさすがに勇気がいった。 着る寸法が間違ってないか、納戸も確認して切りました。 反りは少ないけど、平ではないので鉋で調整。 硬すぎて、鉋の刃がすぐ切れなくなってしまう。苦戦しながらも少しづつ平らにしていきます。 自然の木の割れに、意匠に。デザインポイント。 完成品を運ぶとき、2人では持てなく、4人がかりダイニングまで運びました。 契りもいい感じに収まりました。 後日、お客さんに話を聞くと、とても気に入ってくれているとのことでした。 良かった。苦労が報われた言葉でした。...

Read More

和風モダンなキッチンボード

キッチン周りの収納家具の制作です。 和風な感じの珍しいタイプのカップボードと炊飯機が置ける収納家具を作りました。  カップボードは中の物が見えるように、透明ガラスになっているのが一般的。 でも、今回のカップボードは、家の雰囲気に合ったもので、和風にしたいとの事。 デザインは、ほとんど決まっていたので、素材と作り方をどうするかを決めました。 材は、淡いピンク系の色をしている米松。 女性的な感じがして、キッチンにはぴったり。 枠には障子紙を薄いアクリル板で挟んだワーロンを使ってます。 水や、汚れに強いので、キッチン回りにはもってこいの素材です。   キッチンすぐ後ろのカップボード。 壁に固定します。                                       カップボードの下、食器棚。 天板は、作業してもOKな 熱や汚れに強い素材を張ってます。                     建具枠を細く薄くして、軽くしています。                           炊飯機と、電動ポットが置ける収納家具。           和モダン家具には色々なタイプがあるけど、 キッチンボードは見た事がなく、作るのも初めて。 作っていて、完成が楽しみな作品でした。 納品時、キッチンの明るい感じに白い家具が違和感なく、合っていていい感じでした。 制作依頼ありがとうございました。新たな気づきがいくつもあった作品でした。...

Read More

テラスのテーブルとチェアー

テラスでくつろぐためのテーブルセットが欲しいと注文がありました。 庭を見ながらゆっくりするためのテーブの依頼です。                     椅子はオリジナルの物を注文して頂き、それとあったテーブルも特注で作ってほしいとのことでした。 家の中でも使えるようにしたいという希望で、簡単に持ち運びできやすものを意識しました。 材は椅子と同じタモを選択。 使う材を出来るだけ薄くしするこを提案しました。 薄くなる分、軽くはなるのですが、それだけ強度は低くなります。 強度を落とさないようにするには、木組みだけでは不十分だと感じ、 金物を隠れた場所に使っています。 本来の、ホゾとホゾ穴で組む木組のこだわりは捨て、外でも長く使えるように意識して作りました。                   天板厚みは20mm。                       脚の厚みも幕板も、できるだけ薄くしてキャシャに。                       無垢材のごつごつした感じを薄くする事で、なくしています。 塗装は、外部用の強めの塗料を塗って仕上げました。 首を長くして、家具が届くのを待っていただきました。 「これで、ゆっくり外でお茶ができます。家の中でも作っていきます。」と言って頂きました。 長いことお待たせしました。注文ありがとうございました。  ...

Read More

無垢材のキッチン (後編)

栗のキッチンと収納棚のオーダーメイド。 使いやすさにこだわって、ようやく完成。 ヒヤリングからはじまり、デザイン、制作まで普通のオーダー家具と 違って、随分と長くかかってしまった。でも完成してしまうとあっと間だったかな。                             がス、水栓、電機の工事も、無事終了。 天板幅が3m,奥行きが70cm,の大きなサイズなので 部屋を圧迫するかなと少し不安だったけど、ぴったり納まったので安心しました。       吊戸棚は5枚開き戸。 モールガラスを使って、中の物がうっすら見えるように。 ヒヤリングの時、ご主人が気にってくれた七宝柄を デザインに取り入れてみました。             暗くなっても調理しやすように 吊戸棚にLED照明を埋め込みました。               シンクの下には大きな収納スペース。 瓶を多く使われる奥さんのため、 開け閉めするたびにズレて動かないように、 滑り止めマットを敷いています。             立ち仕事の負担を軽減してくれる、もたれかけの バーをシンク手間に付けました。                   取手は特注オーダーで、 鉄作家さんに作ってもらいました。 栗のキッチンにぴったりマッチしてます。               納品時、とても気に入って頂きました。 でも、キチンは大きな作業台。 しばらく使って見て、また感想を教えてくださいと お願いして一月後に、使い勝手について 聞いてみました。 「とても使いやすく、気に行っています。 デザインも良く、家族や友達にも好評です。 本当にいいものを作っていただきありがとうございました。 あとは、壁のタイルを早く張って完成させたいです。」       嬉しいお言葉ありがとうございます。 初めてのオーダーメイドキッチンにも関わらず注文してくださり、ありがとうございました。 今回を機に、キッチンについて多くの事を学ばせて頂きました。  ...

Read More